リバティプリントを代表する生地「タナローン」

「タナローン」とは、非常に細い糸で編まれた上質な綿を使用したコットン生地で、リバティプリントを代表する生地素材です。

横糸に100番手の糸・縦糸には70番手の糸を使用しています。

タナローンという独特の名前は、アフリカのタナ湖の近くの綿花を原料として使っていた事から名付けられたと言われていて、1920年代にシルクの価格が高騰したときに、シルクの光沢や肌触りをコットンで実現するためにリバティロンドン社が独自に開発しました。

タナローン生地に使われている綿花は、繊維が通常の綿花よりも長い、長綿花といわれる種類が使われているので、薄くて軽く、織の密度が高くてしなやか。豊かなドレープ性があり、柔らかな肌触りが特徴です。

そんなタナローン生地は、シワになりにくいため、ご自宅でも洗濯ができます。

しかも、干すときにシワを伸ばして陰干しをする事で、色褪せを防ぐことができ、長く愛用する事ができますし、ノンアイロンで着用出来ます。

サラサラとした肌触りの良さはリバティを愛用したくなる理由の一つです。

非常に着心地が良いので、一度袖を通すとリバティプリントのタナローン生地で作られた服をまた着たくなってしまいます。

タナローン生地の商品情報
110cm
デジタルプリントは染色機械の仕様により108cm幅で耳にロゴ無しの柄があります。
ネコポス対応 3.0mまで
生地の種類 タナローン生地(綿100%)
用途 ブラウス・チュニック・ワンピース・スカート・メンズシャツ・子供服
お手入れ方法

シワになりにくいため、ご自宅でもお洗濯ができます。

干すときにシワを伸ばして陰干しをする事で、色褪せを防ぐことができ、ノンアイロンで着用出来ます。

一般のコットンと比べると、縮みはほとんどありませんが、水通ししておくと安心です。

リバティプリント タナローン生地の一覧

ページの先頭へ